超難関中学校の合格実績で圧倒的な実績を誇るSAPIX。

 

難関校に強いのには、いくつか理由があります。

  1. カリキュラムが早い
    3年生までは学校より難しい内容を扱うものの、カリキュラムの進度は学校と同じスピードで進みます。
    しかし、4~5年生の2年間で一気に4~6年生の学習内容を扱い、授業のスピードが4大塾(日能研・四谷大塚・早稲田アカデミー)の中でも最も早いです。
  2. 問題の量が多い・難しい
    SAPIXのテキストはとてもよく出来ています。
    比較的簡単な問題からだんだん難しくなっていくのですが、この問題選びがとてもよく練られていると思います。
    しかし、日本のトップレベルの子ども達に合わせて作られたテキストです。
    問題の量も難易度もトップレベルです。
    SAPIXでもテキストの問題をすべてやっているお子様は数%程度かと思います。
  3. クラス替えが頻繁に行われる
    SAPIXの特徴の一つがクラス替えの多さです。
    組分けテスト・確認テストの度にクラス替えが行われます。
    これは子供たちを「頑張るぞ!」という気持ちにさせるのと同時に、「失敗したらどうしよう。」というプレッシャーをかけることになります。
  4. そもそも優秀な子供たちが集まってくる
    もはや御三家などの難関校を目指すならSAPIXという風潮ができているので、
    SAPIXに通ったお陰で優秀になったというよりは、優秀なお子様がSAPIXに通っているという面が多分にあると思います。

さて、SAPIXは難関校に強い塾ですが、SAPIXに入れば、難関校に行けるようにあるわけではありません。SAPIXの授業は上位20%(偏差値60以上)に照準を合わせたハイレベルなものになります。

SAPIXで成績を上げていくためには、親御様のご協力が不可欠かと思います。

お子様に合った問題を選んで、身につくまで何度も解かせるなど、しっかりと管理してあげる必要があります。

 

 

そうはいっても、小学校高学年の学習内容は難しく、親御様が教えることも、勉強を管理する時間を確保することも難しい場合もあるかと思います。

そのような場合には、是非当塾にご相談ください。

中学入試、SAPIX対策に精通した先生が対策に当たらせていただきます。

おすすめの記事